会場紹介

談山神社(たんざんじんじゃ)

ご祭神
藤原鎌足公
主な年間祭事
神幸祭・春のけまり祭・献燈祭・けまり祭
ご由緒
舒明・皇極二代の天皇の世、蘇我蝦夷と入鹿親子の勢力は極まって、国の政治をほしいままにしていた時、中臣鎌子(後の藤原鎌足公)は強い志を抱いて、国家の正しいあり方を考えていました。たまたま飛鳥の法興寺(今の飛鳥寺)で蹴鞠会(けまりえ)があったとき、聡明な皇太子として知られていた中大兄皇子(後の天智天皇)にまみえることができ、西暦645年の5月、二人は多武峰(とうのみね)の山中に登って、「大化改新」の談合を行う。後にこの山を「談い山」「談所ヶ森」と呼び、談山神社の社号の起こりとなっています。ここに鎌足公は真の日本国を発想し、日本国が世界に誇る国家となるため、一生涯を国政に尽くしました。天智天皇8年(669)10月、鎌足公の病が重いことを知った天智天皇は、みずから病床を見舞い、大織冠(たいしょくかん)を授けて内大臣に任じ、藤原の姓を賜りました。藤原の姓はここに始まります。 鎌足公の没後、長男の定慧和尚は、留学中の唐より帰国、父の由縁深い多武峰に墓を移し、十三重塔を建立。大宝元年(701)には神殿が創建され、御神像をお祭りして今日に至ります。
壺坂霊験記「お里・沢市の夫婦愛物語」談山神社(たんざんじんじゃ)
挙式式場:
本殿(勅使の間)、雨天時は拝殿
人数:
20名まで※2名式可能
初穂料:
3万円
美容着付室:
-
親族控室:
-
写真撮影:
-
披露宴会場:
-
人数:
-
住所:
〒633-0032奈良県桜井市多武峰319
TEL:
0744-49-0001
URL:
http://www.tanzan.or.jp/
◆交通アクセスのご案内
[電車をご利用の方]
近鉄大阪線・JR桜井線にて桜井駅下車 桜井駅南口より談山神社行(または多武峰行)バス、タクシー

来店予約 資料請求
グループブランドのご案内 OUR GROUP BRAND INFORMATION