会場紹介

南法華寺(みなみほっけじ)(壷阪寺 つぼさかでら)

本尊
十一面観音
主な年間祭事
星祭り祈祷会 ・春の眼病封じ祈願会 ・ 壷阪寺萬燈会
秋の眼病封じ祈願会・めがね供養会
ご由緒
南法華寺(壷阪寺)は西国六番の札所で、創建は文武天皇大宝3年(703年)法相大徳弁基上人によって開かれた。古くから観音霊場として栄えた名刹。平安時代には大伽藍も広がっていたが、4回の火災で焼失し、現在の建物は文政10年(1827年)に建立されたもの。三重の塔は本堂(礼堂)と共に、国の重要文化財に指定されている。また境内に立つ石像は、大理石造り、高さ約20m、総重量1200トン。先代住職のインドでの救ライ事業への尽力に対する返礼として贈られた「天竺渡来大観音像」は有名。
南法華寺(みなみほっけじ)(壷阪寺 つぼさかでら)
挙式式場:
本堂・大講堂
人数:
30名まで※2名式可能
挙式料:
10万円~(数珠代別途)
美容着付室:
-
親族控室:
-
写真撮影:
-
披露宴会場:
-
人数:
-
住所:
〒635-0102 奈良県高市郡高取町壷阪3番地
TEL:
0744-52-2016
URL:
http://www.tsubosaka1300.or.jp/
◆交通アクセスのご案内
[電車をご利用の方]
近鉄吉野線壺阪山駅から奈良交通バス壷阪寺前行きに乗り
終点「壷阪寺前」下車

[駐車場]
あり(有料)
来店予約 資料請求
グループブランドのご案内 OUR GROUP BRAND INFORMATION