会場紹介

世界遺産 春日大社(かすがたいしゃ)

ご祭神
武甕槌命(たけみかづちのみこと)
経津主命(ふつぬしのかみ)
天児屋根命(あめのこやねのみこと)
比売神(ひめがみ)
主な年間祭事
節分万燈籠・御田植祭・菖蒲祭・中元万燈籠・春日若宮おん祭
ご由緒
今からおよそ1300年前、奈良に都ができた頃、日本の国の繁栄と国民の幸せを願って、遠く鹿島神宮から武甕槌命様を神山御蓋山(ミカサヤマ)山頂浮雲峰(ウキグモノミネ)にお迎えした。やがて天平の文化華やかなる神護景雲2年(768年)11月9日、称徳天皇の勅命により左大臣藤原永手によって、中腹となる今の地に壮麗な社殿を造営して香取神宮から経津主命様、また枚岡神社から天児屋根命様・比売神様の尊い神々様をお招きし、あわせてお祀りしたのが始まり。
御祭神である武甕槌命様・経津主命様は、日本の国を秩序ある国にするためにあらゆる神々と交渉され、平和裡に治められた功績ある神様であります。また天児屋根命様は神事と政治を守り導かれる神様として、比売神様は天照大御神様だとも天児屋根命様の妃神とも伝えられています。平和と愛の尊い神様であり、それぞれの霊験を仰ぎ御加護を頂いてまいりました。この四柱の神々様は、それぞれ端正な春日造の御本殿(国宝)に鎮座されており、最も尊崇すべき神々として春日皇大神と申しあげ、また、春日四所明神、春日大明神と申しあげてまいりました。
20年毎に斎行される式年造替制度により、社殿の御修繕、御調度の新調、祭儀の厳修により日本人の命が連綿と受け継がれ、今日も昔と変わらず、日本の国はもとより、世界の平和、万民の幸福、そして共存共栄が祈り続けられています。 平成10年12月には、春日大社や春日山原始林を含む「古都奈良の文化財」がユネスコの世界遺産に登録されました。
世界遺産 春日大社(かすがたいしゃ)
挙式式場:
本殿(国宝)
人数:
40名まで※2名での式不可
初穂料:
竹式10万円・松式30万円・榊式50万円
美容着付室:
アトリエステディ内 もしくは 貴賓館(有料)
親族控室:
貴賓館(無料)
写真撮影:
不可(指定業者のみ可)
披露宴会場:
-
人数:
-
住所:
〒630-8212 奈良市春日野町160
TEL:
0742-22-7788
URL:
http://www.kasugataisha.or.jp/
◆交通アクセスのご案内
[電車をご利用の方]
JR・近鉄「奈良駅」から徒歩25分
奈良交通バス「春日大社本殿」下車すぐ
奈良交通バス(市内循環外回り)「春日大社表参道」下車 徒歩約10分

[車をご利用の方]
名神高速道「京都南IC」から京奈和自動車道経由約60分
京奈和自動車道「木津IC」から南へ約7km
第2阪奈有料道路「宝来IC」から東へ約8km
西名阪自動車道「天理IC」からR169経由北へ約10km

[駐車場]
あり(有料)
来店予約 資料請求
グループブランドのご案内 OUR GROUP BRAND INFORMATION