衣装 奈良和婚の衣装について

和婚ではどんなきものを、どう着るか。ドレスショップだからできるこだわりのトータルコーディネート。

白無垢。純白に清らかな想いを込める。 花嫁の純潔さを映し出すと言われている白無垢は、日本の和婚ならではであり、室町時代からの伝統のあるスタイルが花嫁の憧れです。 挙式時には、角隠しや綿帽子をかぶります。 打掛けから掛下、帯、小物まですべてを白で統一するのが白無垢のスタイルでしたが、近年ではモダンテイストが加わり、衿や小物に色のあるものを持ってきたり、ヘア小物にこだわったりなど、新しい白無垢コーディネートも増えつつあります。

もっと詳しく

色打掛。格調高さとはなやかさをあわせもつ。

白無垢以外の打掛を、色打掛と呼びます。金糸や銀糸による刺繍ものや、生地におめでたい柄を織り出す織物、生地に絵を描くように直接彩る「友禅染」などがあり、どれも伝統的な美しさがあります。 描かれた柄には、花嫁が纏うことをイメージした職人が想いを込めています。合わせる柄や、構図、色づかいで、日本古来の美意識が多彩に表現され、 花嫁の美しさを演出いたします。 庭園やお寺でのロケーション撮影でも大変人気です。

もっと詳しく

引振袖。品格を備えた人気のスタイル。 挙式だけでなく、披露宴にも通用する引振袖は、もともと裕福な家庭の女性の為の衣裳でした。 裾を引く優雅なシルエットが魅力で、女性の落ち着いた雰囲気を引き立ててくれます。 かつらと角隠しでの正統派スタイルはもちろん、モダンな帯やブーケ、洋髪で織りなすオンリーワンコーディネートは、引振袖でしか表現できないものです。

もっと詳しく

紋付。自身と女性を守る意思を表す。 男性の婚礼衣装である紋付は、左右の胸に家紋をつけた和服です。 明治維新の太政官令の勲章着用規定によって裃が廃され、男子の第一種礼装として紋付羽織袴を用いることが定められたことから、一般の礼服として広く普及していきました。 また白扇は単にアクセサリーではなく、身を守るもの(刀に代わる武器)や、座って挨拶するとき扇子を前に置き、これより先には入りませんという意思表示の意味もでもあります。

もっと詳しく

来店予約 資料請求
グループブランドのご案内